About

私の作品は主に木材を素地に使用しています。 特殊な箇所においては金胎や乾漆を併用することもあります。 漆の仕上げは伝統的な技法に基づき制作しています。

漆の塗膜は隠蔽力がとても弱く、通常30回以上の工程を丹念にこなさなくては美しい仕上がりとなりません。 この隠蔽力の無い特徴から、私は漆というものが「透明」であることを意識するようになりました。 もちろん視覚的な意味では無く、繰り返される漆塗膜の積層から生み出される表層に、独特な透明感が体現されていることに気付いたのです。

私はこの透明感を解り易く伝えたいと考えるようになり、素地になる木材の彫跡と漆艶との構成や、体積ある木塊に華奢な突起を組み合わせた造形による対比表現を行ってきました。彫跡による質感や芽生える様な突起の造形は、木材素地の存在および視覚できることのない内部を暗示しています。 そしてそれらは独特の透明感を持つ漆艶の表層、すなわち外部と密接に結びついているのです。

伝統的な漆芸技法は主に有機物を素材に扱うことからも、制作において生物を創出するかのような感覚を抱きます。 そしてその内部と外部の関係性においても、私は同様の感覚を抱いてきました。 そのような質感表現や造形表現を追求していくなかで、私は素材そのものが生きている様を表現したいと考えています。

My works are made from wood and other materials, but the surface itself is finished with a traditional “Urushi“ lacquer technique.Because of the weak opacifying power of lacquer it usually has to be done thoroughly in more than 30 procedures. This weakness of the opacifying power let me become aware of the transparency of the material. Of course, it is not just the material itself which is transparent; one also notices a particular transparency which emerges on the surface through the multiple layers of lacquer. This transparency aroused in me a profound interest in Urushi lacquer, whose infinite charm continues to fascinate me.

The body is made primarily of wood, but it is occasionally accompanied by hemp cloth and metal.  The smooth texture, the intense roughness and also the traces left from the carving knife are my own decorative techniques. The complete piece will be created by utilising these elements. When applying the finishing urushi lacquer, I became conscious of how it was transforming the elements.

I want to express the living aspect of the material itself together with the human act of processing it.

Seiichiro Fujino/藤野征一郎