2000 – 2010

漆工芸の技法は、大胆且つ繊細さを感じる表現が可能だと考えます。
様々な異素材を組み合わせ作品の表層に質感表現を行うことを主題に制作しています。
素地は木材をはじめ乾漆や金属を併用して造形し、漆塗りは伝統的な行程を施しています。